宮大工の概要

注意すべき点とは何か

宮大工を務めている方には他の土地に住まってその地で仕事を行う場合も多く、古来からの伝統に倣ったり、材料や技術を検討しながら進めるという特別の大工職のことです。中には国宝や重要文化財を手がける宮大工も存在します。中には一般の建築工事 を請け負う宮大工もいるとされています。 宮大工は機械を使用せず全てを手作業で行って行くために時間がかかり、その為に工期が長くなるという難点があります。 技術者が少ないこともあって工事の費用も多くかかります。宮大工の依頼は決まった業者が殆どである為に独立して新規参入するのが難しいとも言われています。又、仕事の需要も減少しており、同時に業者の数も減って来ています。

知っておくと良い情報とは

宮大工になるには一般の大工職が2年から3年経験を積めば業務は何とかこなせるようになるとされています。 宮大工の場合には最低でも7年から10年修行を積まなければなりません。その間は見習い期間とされていて20年これを行ってやっと1人前になれるとする見方もあります。 現在の大工職のように機械を使ったりせずに木材の加工は全て手作業で行うとされています。よってその技術の良し悪しは現場においては仕上がり精度に直接影響して来ます。道具類は毎日の手入れが必要となりますし何かとみいりのことも多いものです。 よってこの見習いの期間は想像以上に厳しいものがあります。給料は日給制であるのでもし台風や雪、雨になると仕事が出来ないために休みになります。